スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画のチラシ→観たくなる不思議

2009年05月31日 00:51

前回の映画感想を書いていたら、こっちの話題で記事を書くのを忘れてました(笑)

この間の「天使と悪魔」観賞時に、映画館で気になる新作のチラシを貰ってきたので
そちらの紹介を。 
CA380023.jpg

「スター・トレック」
タイトルだけで一発ビビッとくる人はきてしまう映画(笑)
元は日本でも「宇宙大作戦」として放送された海外SFドラマ・映画の「スタートレック」。「LOST」「クローバーフィールド」で話題のJ.J.エイブラムス監督の映画です。

CMでタイトルを聞いた時から、「お?」と気になっていたのですが・・・(^^
今回の映画は、初代シリーズ/映画で宇宙船エンタープライズ号の船長となるジェームズ・T・カークと他のクルー達の若かりし頃のお話だそうです。

その昔、BS2の特集で映画の「スタートレックⅠ」~「Ⅵ」までを放送した頃・・・
↑を観た事でスタトレに触れ、それから好きになった自分からしたら「・・・観るしかないよなあwこれは・・w」という感じですね(´∀`) 
しかも、初代スポック役のレナード・ニモイも一部出演しているそうですし・・・映画が尚更観たくなりますね~。

CA380024.jpg

「ナイト・ミュージアム2」
「続編製作してたの知らなかったけど、やっぱり製作してたんだー!w」な映画(オイ
魔法の石版により、博物館の展示物達が夜の間、命を持ち動き出してしまう・・・!というちょっとコメディなエンターテイメント映画。
前作「ナイトミュージアム」でも、博物館の夜間警備員として活躍(?)したベン・ステイラーが今作でも主人公に。
その他、ロビン・ウィリアムズなどが演じる前作のキャラクター達も続投のようです。

今回の舞台はアメリカのスミソニアン博物館だそうなので・・・チラシの通り、展示品のあんなモノやこんなモノまでが動き出してしまう模様。
今度もまた楽しませてくれそうです(´∀`)

そしてもう説明の必要があんまり無いと思われるコチラ。
CA380026.jpg CA380025.jpg

「トランスフォーマー リベンジ」が遂にキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
待ちに待った続編がようやく公開ですね!
今回はTFもいっぱい登場してくれるそうで、楽しみでなりません。

司令官やバンブルビーがまたまた観られると思うと(*´Д`)ハァハァ
・・・ジャズ復活とかしてくれないかなぁ、是非とも。ポンティアックがまた見たい・・・←それは無理
チラシが二種類あったので、一応どちらも載せたんですが・・・・お題といい片方のチラシといい・・・メガ様(ガル様?)復活フラグ濃厚ですね(笑) 前作の最後で復活フラグは薄々感じてはいましたがww
ともあれ今作でもバンブルビーがどう活躍してくれるのか、個人的に大いに期待しております(´∀`)

そして前回はポスター・映画中共に、闇に紛れ気味な表現だったTF達が
全面に出ている感じがしていいですね。初代とかの雰囲気に近くなった気がします。
・・・チラシの司令官とバンブルビー、前作よりかは頭身低めになったんでしょうか?
こちらも初代に近いような・・・気のせいかな。

最後にこちら。
CA380027.jpg
「HACHI‐約束の犬‐」

東京の皆さんは必ず知っている、「忠犬ハチ公」の像。
そのモデルとなった、一匹の犬と主人の物語を、ハリウッドが映画化したものです。
ハチの役はちゃんと秋田犬が演じているそうで・・・・そしてその主人が何とリチャード・ギア。

話の基本的な流れは同じようで、若干アメリカ風にアレンジはされているようですが、これは観ても大丈夫そうな感じがします。
タイトルだけ見た時は「どうしようかな・・・」だったのですが、主演欄を見て「・・・・よし♪観よう」に一変(マテ
・・・なんですが・・・映画館で観賞する上で最大の問題が

   これを観て、泣かずに映画館を出られる自信が 無 い
DVD化するまで待つしかないか・・・。


そして気付けば早2000hit。
皆様こんなブログに足を運んでいただき、誠にありがとうございます~。

・・・・やっぱりお祝い・・・何かしないといけないかぁ・・・(笑)

記念絵とかは相当先(オイ)になりそうですが、今はこんなのが製作途中になってます。
無題 先折りタバコとM92がトレードマークの、元オリジナルコップ55歳。
スポンサーサイト

『―最も神聖な儀式が行われる時、彼等が復活を遂げる』

2009年05月28日 23:06

・・・・日記が一週間以上空いてしまいましたorz

先週の中頃、ちょっと五月の病(ただの風邪)でダウンしておりまして・・・。
週末で調子は戻ったんですが、そのままズルズルと・・・(笑)

今日からは、またいつも通りでやっていきますー。


さて。先日は久々に映画館に行って映画を観てきましたので、その感想でも。

見た映画は、今話題?の『天使と悪魔』。  angels_and_demons_ver3.jpg

『ダヴィンチ・コード』に続き、ラングドン・シリーズの映画2作目となります。

映画批評サイトなどで、詳し~い話は書かれていますので、ここではアッサリさっくりと書いてゆきます。

教皇の死去により、ヴァチカンの教皇が不在となった頃―

スイスの原子核研究所から『反物質(作中では爆発物の類の扱い)』が盗まれ、
次期教皇有力候補と見られていた、枢機卿4名が誘拐される。

犯人は、過去に消滅したはずの秘密結社『イルミナティ』の名を名乗り、
誘拐した枢機卿の殺害と、ヴァチカンの破壊を予告した脅迫文を教会へと送りつけた。
宗教象徴学のロバート・ラングドンは、犯人が残したメッセージに隠された暗号から
『イルミナティ』の集会場所である光の聖堂、そしてそこへ至る道~啓示の道~を探し出し
枢機卿の暗殺阻止・ヴァチカンの爆破阻止の為に奔走する・・・


―物凄くおおざっぱに書くと、こんな感じです。頑張ったけど長いww

映画一作目(原作の時系列は「天使~」が先)の「ダヴィンチ~」は、以前DVDレンタル開始時に観まして・・・
「これは映画館で観たかったな~」というのが最初の印象だったので、今回はちゃんと映画館で観ましたよ(笑)

それでは独断と偏見による個人的感想を・・・・w
まずは真面目な方の感想から。

全体的な印象としては、前作「ダヴィンチー」よりも解説シーンが控え目になり、
アクション的な部分が増して作品のテンポが良くなりました。

普通の人でも見飽きずに、映画を楽しめると思います。 ・・・私は前作みたいに薀蓄満点でも好きですが(笑)
4人の枢機卿の殺害と、爆破までのタイムリミットがそれぞれある為か、全体的に緊張したノリでハラハラさせられます。

音楽のハンス・ジマーさんも相変わらずイイ~仕事しているので、音楽が更にその雰囲気を盛り上げてくれています。
この音楽が イイッ!

シリーズ2作目なので音楽の基本テーマはそれ程変わってないんですが、
舞台がヴァチカン・しかも教会という事で、教会音楽やそれをイメージさせるコーラスが加えられ、
見えない所から映画の世界観に花を添えています。

普通は見られないヴァチカンの内部(※実際のではありませんが)、
教皇執務室とか記録保管庫(アーカイヴ)とか、サン・ピエトロ大聖堂とかシスティーナ礼拝堂とかその他有名観光スポットとかが映画内に登場するので、見るだけでも楽しめますね。

ローマや宗教建築&美術が大好物の自分にとっては、とっても美味しかったです(´∀`)

ストーリー展開もテンポは良さげで飽きません。恐らく主題は「宗教と科学」。この二つは相容れないものなのだろうか、という所でしょうか。

まあ、ラストや犯人に、観ていて予想がつかれる方もいるとは思いますが、それはそれ。
だからと言って面白くない訳ではありませんよ~。(^^

総合感想としては、「良かった!面白かった!もう一回観ようっと・・・あと原作読もうw」 ・・・という感じです。

さて・・・こっからは更に細かい&壊れ気味な感想を・・・w

天使と悪魔
(長いのでイラストの下の感想は格納)
[『―最も神聖な儀式が行われる時、彼等が復活を遂げる』]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。